Plance フェイシャルエステ専門店

福岡天神090-6498-1987
福岡博多070-8322-0694
東京恵比寿090-6653-6457
福岡天神090-6498-1987
福岡博多070-8322-0694
東京恵比寿090-6653-6457
東京渋谷070-8322-0694
         

acne

にきびについて

ニキビ・ニキビ跡の症状と治療法とは?

思春期から大人まで、とにかく長い期間悩まされるのが「ニキビ」
更に、ニキビ跡になんてなってしまった暁には、そのニキビ跡とは一生の付き合いになるかもしれません。
そんな、誰もが悩まされる「ニキビとニキビ跡」の症状と治療法について、詳しくまとめていきます!

ニキビはどんな病気?

ニキビとは、アクネ菌と呼ばれるニキビの原因になる菌が、毛穴の中で皮脂をエサに増殖し、それが毛穴の中に詰まることで、炎症してしまった状態。
アクネ菌は肌の上に常にいる菌(常在菌)なので、そもそもはそこまで悪者ではありません。
外気に触れている状態では、増殖できない為悪さを発揮しないんです。

ただ、問題なのは毛穴に詰まった時。毛穴に詰まると外気に触れない為にアクネ菌が活動的な状態になります。
アクネ菌は皮脂で増殖してしまうので、炎症が進むと赤みや膿を持った、痛みを伴うニキビになってしまうんですね。

つまり、いきなりニキビになるわけではなく、アクネ菌が増殖し、肌内部が炎症するまで、段階を踏んで進行していく病気です。

ニキビができる原因とは?

ニキビとは、アクネ菌と呼ばれるニキビの原因になる菌が、毛穴の中で皮脂をエサに増殖し、それが毛穴の中に詰まることで、炎症してしまった状態。
ニキビができる条件は、アクネ菌×皮脂×毛穴詰まり。
アクネ菌は常在菌なので、こちらは一旦おいておくと…
① 皮脂の分泌過剰
② 毛穴の詰まり

が合わさると、ニキビがかなりできやすくなりまふ。

逆に毛穴の詰まりが無く、皮脂の分泌が少なくなればアクネ菌が悪さををすることが無い為、ニキビ化は抑えられます。
では、皮脂の分泌が過剰になる原因はなんでしょうか。

それは肌の乾燥、インナードライ、食生活(脂っこい食事や甘い食事の過多)、季節の変化(春〜夏などの気温が上がる季節)、男性ホルモンの増加が大きいんです。
毛穴のつまりの原因は、スキンケア不足がほとんど。

ということは、スキンケアと食生活、サプリメントなどで外側と内側のケアをすれば、皮脂のコントロールと毛穴の詰まりは、ある程度改善が期待できるんです!

主なニキビ・ニキビ跡の種類

① マイクロコメド

② 白ニキビ
③ 黒ニキビ
④ 赤ニキビ
⑤ 黄ニキビ
⑥ 紫ニキビ
※⑦しこりニキビ

の 6 段階。進行すればするほど、ニキビの炎症が深く広くなり、ニキビ跡になりやすい傾向にあります。

では、それぞれのニキビの状態を見ていきましょう!

① マイクロコメド
マイクロコメドはほとんど目には見えません。毛穴の詰まりが少しずつ始まっている状態。

② 白ニキビ
白くプチっと毛穴が膨らんで見える状態。毛穴に角栓ができ、中にアクネ菌と皮脂が閉じ込められている状態の始まり。この状況ではまだ痛みは無い。

③ 黒ニキビ
毛穴を塞いだ角栓の表面が酸化して、黒ずんだ状態。白ニキビに対して毛穴が開いている為、黒くなりやすく目立つ。毛穴を塞いでからしばらく時間が経ち、毛穴の中ではアクネ菌が増殖を始めている段階。ただまだこの段階では痛みは無い。

④ 赤ニキビ
ついに毛穴の中で増えに増えたアクネ菌が、悪さを始めた段階。ここまで来ると、赤いプチっとした膨らみが出て、見た目でもニキビと分かるようになる。痛みがかゆみや痛みを伴う。

⑤ 黄ニキビ
赤ニキビが更に進行し、膿をもった状態。ここまでくると、かなり炎症の根が深くなってくる

⑥ 紫ニキビ
炎症や化膿を繰り返すと、血管にまで炎症が広がり、皮膚下で血液が溜まってしまった状態。そのため表面からは紫色に見える。ここまでいくと、ほとんどの確率でニキビ跡になる可能性が高い。

⑦ しこりニキビ
厄介なニキビで、完全に炎症が皮膚の中で起きてしまっている為、
外から薬を塗ったとしても、あまり効果が期待できない。
しこりのように硬さがあり、押すと痛みが伴うことも。なかなか治るまでに時間がかかる上に、繰り返しできやすい。

初期ニキビとは

初期ニキビと言われるものは、まだ炎症を伴っていない、毛穴が詰まっている状態の(マイクロコメド)、白ニキビ、黒ニキビを指します。
この初期段階で毛穴の詰まりが取れ、増殖したアクネ菌を外に排出できれば、炎症を招かずに済みます。炎症していない為、当然ニキビ跡にもなりません。

炎症性ニキビとは

炎症性ニキビは、アクネ菌がかなり増殖し、肌内部が炎症している状態。赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビやしこりニキビがこれにあたり、目に見えてニキビだとわかるぐらい腫れや赤みがあります。
一度炎症すると、繰り返しできやすかったり、炎症が進行すればするほどニキビ跡が残りやすい傾向にあります。

ニキビ跡とは

ニキビ跡は、ニキビによって炎症した組織のダメージの跡の事。
つまり炎症がひどければひどいほど、周りの皮膚組織がアクネ菌にやられてしまい、赤みや茶色の跡が残ってしまうんです。

ニキビが治ってから半年ほどは、炎症による赤みが残っている状態なのですが、その後目立たなくなっていけば、まだ軽症。
炎症の範囲が大きいと、半年以降も赤みが残ってしまったり、赤みのあるニキビ跡は徐々に茶色く色素沈着していきます。

また、黄ニキビや紫ニキビまで進行してくると、皮膚組織が壊れてしまいクレーターという凹みが出てしまうんです。
もちろん、無理矢理潰したりする場合も、潰す時に真皮層を傷つけてしまって、同じくクレーターができやすいと言われています。
クレーターになってしまうと、自己メンテナンスでは治すことはかなり難しくなります。

ニキビの治療法

・角質のケア(ピーリングなど)
・薬剤の導入(イオン導入)
・皮脂抑制
・アクネ菌の殺菌(LED 治療など)
・ニキビの圧出
などがあげられます。
とにかく、毛穴の詰まりを取り除き、今後詰まりにくくするケアが基本。
過剰な皮脂のコントロールでアクネ菌の増殖を抑えたり、膿を取り除く事で早く炎症を治める圧出。LED 治療で殺菌する事で予防ケアをするクリニックもあります。
また、ニキビ跡に関してはレーザー治療か、角質ケア(ピーリング)が基本です。

レーザー・光治療について

レーザーや光治療は、肌の色むらを取り除く事に特化しているもの。シミやそばかす、毛細血管拡張、毛穴、くすみ治療にはぜひ取り入れていただきたい施術です。
ただ、レーザーで有名なフラクショナルレーザーや Q スイッチレーザーは、シミを改善するにはおすすめですが、ニキビ跡の場合は△というのも、ニキビは元々炎症。シミとは違いますよね?
そのため、熱の刺激で色素を破壊するフラクショナルレーザーや Q スイッチレーザーレーザーを当ててしまうと、逆に炎症が加速し、赤みが強くなってしまうことも。
ニキビの赤み治療やニキビ跡の治療には、熱の刺激ではなく、IPL やピコシュアなどの、肌内部でその赤みの原因となる色素を散らすような機器の方がおすすめです。

内服薬・ホームケア

炎症のある状態での内服薬は、抗生物質が基本。塗り薬は菌の働きを抑えるものや、皮脂分泌を抑制するもの、ピーリング作用をもたらすものなど様々です。
炎症している場合のニキビは、ご自宅ではあまりケアされない方がベター。
思っているより、ニキビ治療って複雑かつ繊細なんです。
ただ、できることとすると、フルーツ酸(グリコール酸)や乳酸が入っている化粧水などで、角質ケアを取り入れる事。
そして、もちろん洗顔は丁寧に行い、毛穴がつまらないようにする事と、雑菌が繁殖しない肌状態にする為、肌を無駄に触らない、寝具はこまめに変えるなど、とにかく清潔に保ってください。
ニキビ跡に関しては、トラネキサム酸やコウジ酸、ビタミン C などの化粧品で美白ケアされるのもおすすめです。

CONTACT

お問い合わせ

CLINIC

クリニックのご案内

FUKUOKA

福岡本店

HAKATA

博多店

TOKYO

恵比寿店